風俗行くために彼女と別れた

連絡先を教えてくれる風俗嬢の心理

渋谷 デリヘル
連絡先を教えてくれる風俗嬢って、どういう心理なのでしょうか。気に入っている客だったら、連絡先を教えても良いってことでしょうか。それとも、連絡先を誰とでも交換しておいて、稼ぐためのカモとしか思っていないのでしょうか。そこで、先日何でもズバズバ言う渋谷の風俗嬢に聞いてみました。「連絡先を交換してくれる子って、何を考えていると思う?」と聞くと、「んー、単純に稼げるって思うんじゃないかな」と彼女。やっぱりそうですね。「だって、風俗嬢って客のことは客としか思っていないし、自分のことを気にしてくれる客なら、落としやすいからね」と続ける彼女。「なるほど!やっぱりそこに恋心とかはないんだね」と僕が言うと、「そうだね」とはっきり言っていました。中にはデリヘル嬢と付き合っている人とかピンサロ嬢と仲良くしている人とかいるけれど、それは稀なパターンみたいです。特に僕みたいな一般人が落とせるということは、まずないのではないでしょうか。まぁ、それでも使っちゃうんですけどね。

稼ぎたくて働くデリヘル嬢とイきたい僕

風俗嬢は稼ぎたくて風俗嬢をやっているということを、まずは知らないといけません。僕は友人が結構多いのですが、その友人の一人でデリヘルにとてもハマっている人がいます。その友人は「デリヘル嬢は、完全に俺に惚れている」と言っているのです。風俗嬢なんて、本気で客に惚れることはまずないでしょう。その友人はイケメンでもないし、エリートでもありません。一般的な客に優しくするのは、風俗嬢も稼ぎたいからですよね。まぁ、僕の場合はそれをわかっているので、最近では単純に抜いてもらうことを楽しんでいます。風俗とかって、そもそも簡単に抜いてもらえることを楽しむサービスなのではないでしょうか。実際に僕も相手の風俗嬢に恋をしたことはあります。ただ、デリヘル嬢とかって、色々な男とプレイしているから、恋をするだけ無駄です。それに、本当に落とせる人って限られた人しかいないでしょうね。キャバクラとかよりも確率は格段に低いと思います。

責めてもらうのが生き甲斐の僕

僕は女の子に責めてもらうのがとても好きです。それも、かなり激しく責めてもらうのが好きなんですよね。好きってか、今では生き甲斐のようになっています。僕は毎日仕事を頑張っているのですが、風俗がなくなったら働く意味もなくなるので、完全にダメ人間になると思います。デリヘルを使っている時点で「ダメ人間だろ」って言う人がいるかもしれませんが、案外風俗を生き甲斐にしている方って多いと思うんですよね。最近はデリヘルとかも多くなって、より使い勝手の良い店も多くなっています。それが、風俗ファンを増加させている要因にもなっているのかもしれません。しかし、その一方で利用者は少なくなってきていると聞きます。僕はそれが本当に悲しくてしょうがないです。男性諸君に言いたい。その股間にぶら下がっているものはなんだ。女の子にしゃぶってもらうためのものじゃないのか。せっかくギンギンになるアソコを持っているのに、使わないなんて愚の骨頂です。